貸事務所ドットコムポータル | オフィス移転やオフィス環境に関する情報サイト
ご相談、お問合せはお気軽に
貸事務所ドットコムポータルのメニュー
0120-33-9533

オフィスのトラブル 居抜きオフィスの契約

オフィス環境トラブル事例

居抜き物件のオフィスビルを検討しています。

居抜き物件を賃貸契約するにあたり注意することはありますか?

トラブルの対応策

まず【居抜き】とは、前テナントの内装、造作、設備をそのまま引き継ぐ契約形態のことです。

特にオフィスの居抜きの場合は、すでにパーティション(間仕切り)がされているなど内装工事の費用を掛けずにり利用が始められるメリットがあります。良いことづくめのようですが、注意が必要です。

居抜き契約の場合、一般的には、前テナントの内装、造作、設備をそのまま引き継ぐと、本来前テナントの義務である原状回復義務も引き継ぐことになります。

居抜き物件の例

居抜き物件の例

したがって、退去の際に引き継いだ内装、造作、設備の原状回復工事を行う必要が生じます。

見た目も良く、凝ったデザインであったり、元の設備をいじっていたりすると原状回復工事費用が想像以上に掛かる場合もあります。

また、ビル設備と思っていた空調機が、実は増設されていたもので、メンテナンスや修理はテナント持ちであり、維持費が掛かるなどの場合もあります。維持費用や退去費用などトータル的な費用を考えて検討することが必要です。

トラブルを未然に防ぐポイント

ハマタロウのポイント解説

居抜き契約に関するトラブルを未然に防ぐポイントは、3つっす。

1、契約前に内装、設備の元の状態と造作や設備の変更箇所を確認すること。

2、維持管理に関する範囲、退去時の原状回復に含める範囲を明確にすること。

3、契約書の特約事項や覚書になるべく細かく合意事項を記載すること。

以上3点をしっかりと行うことが必要っす。条件交渉などと合わせて賃貸条件のひとつとして捉えて調整をすることが大切です。 <<ハマタロウ>>

貸事務所を検索サイトから探す

貸事務所ドットコムシリーズは、写真や図面が多く移転先のオフィス探しに便利な賃貸オフィス検索サイトです。

貸事務所ドットコムへ東京        貸事務所ドットコム横浜へ 

お気軽お問合せフォーム

場 所
広 さ 坪から  ※当社では20坪以上の貸事務所をご紹介しています。
費用面
円~ 円の範囲
その他のご要望
貴社名 担当者名
TEL (例)03-3516-1700 E-Mail
問合せ0120-33-9533