貸事務所ドットコムポータル | オフィス移転やオフィス環境に関する情報サイト
ご相談、お問合せはお気軽に
貸事務所ドットコムポータルのメニュー
0120-33-9533

オフィスパーティション(間仕切り)設置のコツ

パーティション設置のコツ

オフィスでは、会議室、応接室、ミーティングスペース、サーバー室、更衣室などオフィス内に個室を設ける。そんな時に間仕切りを利用して個室を設置します。

オフィス移転の際にも、パーテーションの設置工事は必須となるでしょう。

オフィスの間仕切り設置に利用される間仕切りにはいくつかのタイプがあります。それぞれのタイプの特性から用途に合わせて選択することになります。

コストや遮音性、見栄えなどパーティション(間仕切り)のタイプ別種類と特性を『オフィスパーティション(間仕切り)設置のコツ』としてご紹介します。

パーティション(間仕切り)の種類

オフィス内の間仕切りに一般的に使用されるパーティション(間仕切り)のタイプは5タイプあります。それぞれの特徴を見て見ましょう。

①アルミパーティション

アルミパーティション

アルミパーティションとは、アルミの柱にパネルをハメ込む形の構造で出来ています。コストが安い特徴があります。

最近のアルミパーティションは、カラーバリエーションの多い商品もあり、デザイン性の良いものもあります。但し、遮音性は高くありません。

また、不燃認定が取れていない商品もあるので、内装制限のある建物に設置の場合は、注意が必要です。倉庫室、ロッカー室、パントリーなどに最適です。

②スチールパーティション

スチールパーティション

スチールパーティションとは、骨組みにスチールと石膏ボードで構成されたパネルを表裏2枚を貼り合わせる構造になっています。

二重構造なので、パネル内に通線が可能です。不燃認定された商品が多く、防火設備として認められています。

また、遮音性が高いことも特徴です。表面的に柱が見えないためデザイン的にもスッキリしています。

③ローパーティション

ローパーティション

ローパーティションは、高さ90cm~2m程度の物まで幅広くあります。

表面が布製のものが多く、レイアウト変更などが容易であることが特徴です。

カラーバリエーションも多く、見た目の良さも特徴です。

アルミやスチールパーティションは設置により個室を造るイメージですが、ローパーティションは個室を造るというより、空間を単に仕切るイメージになります。

④造作間仕切り

LGS(軽鉄)にPB(プラスターボード)を取り付け、表面にクロスを貼ったものが一般的です。

住宅の部屋壁のイメージです。オフィスをまさに壁で間仕切り、個室を造るイメージです。

施行方法により遮音性を高めたり、デザインに拘ったり、自由度が高いことが特徴です。コスト的には、施行方法により大きく違ってきます。

⑤スライディングウォール(移動間仕切り)

レール上でパネルを移動することができる間仕切りです。

利用されるシーンに応じて、部屋の大きさを変えられる点が特徴です。

(オフィスの他、結婚式場や公共施設、イベントスペースなど大きな部屋を間仕切りができるように間仕切りが収納・移動できるタイプのものです。)

パネルの厚みやレールの設置方法など施行方法により、遮音性やコストが違ってきます。

ランマクローズとランマオープン

ランマオープンのパーティション←ランマオープンのパーティション

一般的なアルミパーティションやスチールパーティションのパネルは高さが2100mmになっています。

この2100mmと天井高との間部分がランマと呼ばれる部分となります。このランマ部分にパネルを入れ密閉することをランマクローズ、パネルを入れず開口部を残すことをランマオープンと言います。

ランマクローズか?ランマオープンか?の選択は、
「遮音性」を求めるかどうかによります。

ランマクローズにした場合は、遮断性がありますが、密閉した個室となるため消防法の規制を受けることになります。そこで、消防設備の移設や増設などが必至となるため、工事費が高くなります。機能面とコストを考慮して検討してください。

内装制限

内装制限とは、建物内部で火災が発生した際に、内装が激しく燃えて火災が拡大したり、有害なガスを発生したりして、内部にいる人間の避難を妨げることがないよう規定されるものです。

オフィスに関連する規定では、事務所のうち、以下のいずれにも該当しないものは、内装制限を受けません。

ただし、火気使用室、無窓室、無窓室からの避難経路については、不燃材料もしくは準不燃材料を使用しなければならないという規定があります。

  • a.3階建ての建築物で延べ床面積が500m2を超えるもの
  • b.2階建ての建築物で延べ床面積が1,000m2を超えるもの
  • c.1階建ての建築物で延べ床面積が3,000m2を超えるもの

建築基準法上の内装制限は以上ですが、建築基準法第40条の規定に基づき、地方自治体は条例により安全上、防火上または衛生上必要な制限を付加することができます。

オフィスビルで内装制限のある代表格は高層ビルです。

高層ビル内に、パーティションを設置する場合は、内装制限の有無を確認する必要があります。

内装制限のあるビルで間仕切りをする際は、不燃認定を受けているものを使用する必要があります。特にアルミパーティションは、不燃認定されていないものもあるので注意が必要です。

オフィスパーティション(間仕切り)設置では、パーティション(間仕切り)の種類と特徴を踏まえ、使い勝手やコスト、遮音性などを考慮して用途に適したタイプのパーティション(間仕切り)を設置しましょう。

関連するオフィス記事

貸事務所を検索サイトから探す

貸事務所ドットコムシリーズは、写真や図面が多く移転先のオフィス探しに便利な賃貸オフィス検索サイトです。

貸事務所ドットコムへ東京        貸事務所ドットコム横浜へ 

お気軽お問合せフォーム

場 所
広 さ 坪から  ※当社では20坪以上の貸事務所をご紹介しています。
費用面
円~ 円の範囲
その他のご要望
貴社名 担当者名
TEL (例)03-3516-1700 E-Mail
問合せ0120-33-9533